ワイヤレスドアロック (初めてのレンタカー)

ハワイで車を運転しよう

パニくりボタンに注意

ハーツ#1クラブゴールド会員が主にネイバーアイランドで車を借りるとワイヤレスドアロック搭載の車種を割り当ててくれることが多い。写真のようなコントローラーがついたキーを渡してくれる。日本でも同機能搭載の車がポピュラーになってきたが、クルージング機能同様に以前は”ハワイ”でこそ体感できた”慣れると”手放せなくなるとってもスマートな機能だ。

ここでわざわざ”慣れると”と断り書きをしたのは、慣れないと(つまり不慣れだと)パニくりぎみになるときがあるからだ。特に赤ボタン。うっかりこれを押すものなら、いきなりパオ―と車が悲鳴をあげて狂いだし、どうにもこうにも止まらなくなる。そこで、この”慣れると”便利なワイヤレスドアロックについて次回のハワイまでにしっかり予習しておこう。

ドアロックボタン

押せばドアがロックされる。。。。と、これだけじゃつまらない。 もう一度続けて押すとクラクションが鳴ったり、ヘッドライトが点滅する。つまり、ロックの確認ができる。 ショッピングセンターや広〜い駐車場で自分の車の置き場所を忘れて、延々車探ししたひといませんか?皆で手分けして大走査線はったりして!!そんな時、こっちの方に車をとめたかなー?という方向にコントローラーを向けてこのボタンをおすと、パオってクラクション鳴らしてくれたり、ヘッドライトを点滅させて”ココだよー!”って居場所を教えてくれる。これ、とっても便利。

ロック解除ボタン

押せばロックが解除される。 1回押しで運転席のロックだけが解除され、続けてもう一度押すと他のドアのロックも解除されるものが多い。 このボタンがついていない車種もある。 (余談) ワイヤレスドアロック機能がない車でも、運転席側のロック解除スイッチを二回続けて押すと、他のドアロックが解除されるものがある。

アラートボタン

パニックボタンともいう。これはめったなことでは押しちゃダメ!もともと車上荒らしや盗難防止のためについているアラート。車のドアをこじ開けたりするとアラートが鳴るようになっている。1回鳴り出すと止まらない!もう一度このボタンを押したって止まらない!!で、どうすると止まるかというと・・・、運転席に乗り込んでキーを差し込む(エンジンをかける)とようやく止まる。 車種によっては、コントローラーのロック解除ボタンを使わないで、キーでドアを開けてしまうとアラートがなるものもあるので注意。尚、緊急事態のときはもちろんこのボタンを躊躇せず押そう!

トランクオープナー

アメ車の中には車内からトランクを開けるレバーやボタンがついていないものが多い。コントローラーにこのボタンがついている時は、ボタンを押してトランクを開ける。注意することとして、車種によってはキーを使ってトランクを開けると、上のアラートが鳴り出したことがありビビった。このボタンがあったらいつもボタンを押してあけるのが無難。 このボタンついていない車種もある。

以上の解説は車種によっても違うし、コントローラーのデザインやボタンも違うけど、おおむねこんな感じ。慣れるまではこの車が配車されると、いつアラートが鳴り出すかボタンを押すたび、ドアやトランクをあけるたびにドキドキしたけど、最近はむしろこれを借りれないと、それだけでその島の運転が憂鬱になったりする。とくにパーキングでお探し機能として使えるロックボタンはハワイの広い駐車場で重宝することまちがいなし!

ワイヤレスドアロック
”慣れると”手放せない、ワイヤレスドアロック
ドアロックボタン
 
ロック解除ボタン
 
アラートボタン
 
トランクオープナー
 

 

■初出:2000年1月  更新:2008年1月

無料アドレス登録