レンタカーを返す (初めてのレンタカー)

ハワイで車を運転しよう

レンタカーの返却はとっても簡単

借りたレンタカー会社の返却場所にエンジン切ってキーを差し込んだままロックしないで車をとめる。早朝の場合は係りの人が車のところに来てくれるので、契約書をわたすと走行距離、ガソリンの量、車の状態をチェックして、「チェック・インしたときのクレジット・カードで支払いますか?」と聞いてくるので、カードで支払う場合は「YES」と答えれば、手持ちの機械をカタカタさせてレシートをくれる。それでおしまい。あっけにとられる。支払いをT/Cや現金でする場合などオフィスの中で清算する場合もあるが、やることは同じ。

尚、旅行がひとりでないのなら、車を返しに行く前に空港の出発階にまず行き、荷物を下ろしてからドライバーがひとりで車を返しに行ったほうが楽だ。その間に残った人は荷物を検査のX-rayに通しておけば、時間を効率よく使える。

レンタカーを無事返し空港にもどるときには、レンタカー会社のシャトルが送ってくれる。航空会社名をドライバーに伝えると出発階でおろしてくれる。

ハーツのレンタカーの空港での返し方も参考にしてみて。

レンタカーの乗り捨て
レンタカーを借りたオフィスと返すオフィスが違う場合を乗り捨てということがある。ハワイはメインランドのように広くはないし、借りたのが空港なら、普通は必ず空港に戻ってくるのだから、乗り捨ての必要ない。基本的にハワイでは借りたオフィスに返すことになると思う。乗り捨ての可能性があるとしたら、ハワイ島のコナ空港で借りて、ヒロ空港で返すケース。その場合は乗り捨て料金がかかるので注意。

ワイキキでの運転 ⇒

■初出:2000年1月  更新:2008年1月

無料アドレス登録