パーキング (初めてのレンタカー)

ハワイで車を運転しよう

絶対に駐車場に駐車すること! 泣くよ!!

ハワイはとにかく駐禁が厳しい。半端ない。右側通行、左ハンドルはもとより、パーキングを一番注意すること。

車は必ず駐車場か駐車できるところに停めること。でも、ワイキキ以外のオアフ島やネーバーアイランドには十分な駐車場がある。無料が多いが(ワイキキでは皆無に等しい)、有料駐車場には以下のものがある。

  1. 入場時にチケットマシーンからチケットを取って、出るときに支払う。日本でもよくあるタイプ。ショッピングセンターに多い。
  2. パーキングメーター。コインが必要。25、10、5¢硬貨が使える。コインを入れたら必ず右いっぱいに止まるまで回さないと、コインが落ちない。路上や公共駐車場に多い。駐車時間の上限が決まっていることがある。
  3. ペイボックスタイプ。駐車した場所に番号が書いてあるので、出口にあるボックスの同じ番号の窓に駐車する時間にあった料金を入れる。公共駐車場に多い。
  4. バレーパーキング。車をボーイの前で止め、エンジンをかけたまま引き渡す。半券をうけとり、帰りに渡すと車を駐車場から持ってきてくれる。チップ$2ぐらいが必要なので。。。有料?

路肩に停められる無料のスペースもあるが、曜日や時間帯がきまっていたりするので、よく表示を確かめること。あと、気をつけなければいけないのが、ビーチ。ちょっと出遅れると停めるスペースがなかなか見つからず、あったと思ったらハンディキャップ専用だったり、tow awayの表示があったりする。+Hawaiiでも15年の間にtow awayの表示に気づかず3回チケットを切られた。

駐禁を取られたら。。。

日本のようにポリスとの交渉は効かない(日本でも・・・)。島内の最寄のcourt(裁判所)に出頭し、罰金を払う。交渉したいときはここで。手続きすればきっちりと答弁をしてくれる。ただし、英語で書面も必要。

+Hawaiiでは一回試しにやってみようと思ったが、結構時間がかかりそうなのと、帰国して日本からもやり取りをつづけなければならないので、罰金を支払ったほうが安上がりなので支払った。駐禁罰金は$30ぐらい。

支払わずに無視して帰国しても、レンタカーから足が付いてレンタカー会社からクレジットカードに請求される。それに次回ハワイに入国できないようなことになると困るので、あきらめて罰金はちゃんと支払おう。(「駐禁」どうする?を参照)

以上、これだけ言ってるのに駐禁とられたおバカなあなたに、おバカな+Hawaiiからアドバイス!

パーキングメーター
パーキングメーター
ペイボックス
ペイボックス

レンタカーを返す ⇒

■初出:2000年1月  更新:2008年1月

無料アドレス登録