海外旅行保険のすすめ

不測の事態に備えは必要!

思わぬ出費は保険でカバー!

ハワイに限らず旅行に行けば楽しいこともばかりではなく、体調不良や運悪く災難にあうこともある。もちろん注意をしてて避けられることもあるが、突然の病気などはどうしようもない。そして当然付随する費用がいろいろと発生する。

こんな時 国内旅行であればいろいろと対応策は考えられるし、日頃入っている各種保険や健康保険などで費用をカバーすることもできるが、海外(つまり外国)になるとそれぞれのお国事情で勝手が違うし、費用についても日本の保険ではカバーしきれないことがほとんど。これはハワイに行っても同じ。

怪我や病気などによる治療や入院・手術が必要になったときは当たり前だが、現地では全額自己負担になる。盗難による損害費用やお店のものを破損したときの賠償費用だって物によってはバカにならない。旅行中のハプニングでただでさえガッカリなのに、大きな費用負担が加われば、まさに泣きっ面に蜂だ!

こんな不測の事態に備えて、やはり事前に海外旅行保険に入っておくのをおすすめするし、みなさんの中でももちろん実行している人は多いと思う。ただ、どんな保険があるかいろいろと吟味せずに旅行代理店がすすめてくれるものや、出発空港ロビーで目についたカウンターでとりあえず手続きをして済ましている人はいませんか?海外旅行保険に入るのも旅行の一部、航空券やホテル、オプショナルツアーをよく検討するように、旅行保険もその内容をよく確認しよう。

一般的には傷害による死亡・後遺障害、傷害治療を基本として、疾病による死亡や治療、携行品、賠償などの特約がセットになったものが各社から用意されている。このあたりを基本に滞在日数や料金から選ぶことになる。さらに保険会社や保険の種類によって、いろいろな特約が用意されているのでそのあたりも要チェックだ。

  • 救援者費用特約
    旅行中の死亡や事故などで家族が渡航する費用の補償
  • 航空機寄託手荷物特約
    航空機預け荷物が届かなかったときの補償
  • 航空機遅延
    航空機遅延時の補償
  • 旅行中にケガや病気になり、予約していたオプショナルツアーに行けなくなった時の取消料の補償など
  • 旅行変更費用
    本人や家族、親族の死亡や病気などで旅行を中止したときの費用補償

上記は特約の種類の例で、保険によって用意されている特約はさまざまだし、補償にはそれぞれ上限や支払い条件があるのでよく調べること。

クレジットカードに付帯の海外旅行保険は傷害や疾病治療、携行品、賠償など基本的なところをカバーしている物が多いので、お持ちのカードをよくチェックしてほしい。たいがいのことはそれだけでも大丈夫だけど、しいて言えば疾病死亡の補償がないこと、そして傷害や疾病の治療費の補償額が少ないことが気になるところ。例えばハワイで手術・入院をともなう治療をした場合などは、費用の持ち出しがある場合も想定される。その金額はハンパじゃない。このあたりが心配な人は、最近はカード付帯保険の補償金額に上乗せで保険をかけられる『カード上乗せ保険』というものもある。これだと保険料を節約できるので一度検討するといいかも。

このように海外旅行保険ひとつとってもいろいろと種類があるので、皆さんの渡ハ状況でよーく吟味して保険に入って欲しい。旅行中のハプニングは避けられなくても、思わぬ出費だけは勘弁願いたい。泣きっ面に”蜂”だけでも避けたいね!

3ステップで簡単に保険料が試算できる『t@biho たびほ』なら、気になる料金をいますぐチェックできます。その後に「詳細お見積り」をクリックして進んでください。

怪我
怪 我
盗難
盗 難
破損
破 損
t@abiho海外旅行保険
3ステップで保険料を簡単に試算
その後で「詳細見積」をクリック& ゴー!

■初出:2004年6月 更新:2015年8月

無料アドレス登録