クイックシルバーとロキシーのロゴ

ロゴの由来とモチーフ

クイックシルバーのロゴ

『クイックシルバー』は1970年にオーストラリアのビクトリア州ベル海岸で、アラン・グリーン(Alan GREEN)とジョン・ロウ(John LAW)が始めたサーフブランドで、現在はカリフォルニアのハンチントンビーチに本拠地がある。

で、有名なQuiksilverロゴだけど、実は葛飾北斎の版画「富嶽三十六景」の「神奈川沖波裏」をモチーフにしたもの。

QUIKSILVERのロゴ
QUIKSILVERのロゴ
北斎の富士山と波
北斎の富士山と波

ロキシーのロゴ

クイックシルバーの姉妹ブランド『ロキシー』は、1991年にロバート・マックナイト(Robert McKNIGHT、現Quiksilver CEO)が創立した若い女性向けのアパレルブランドで、ROXYはロバートの娘のニックネーム。

で、ROXYのハートのロゴは、クイックシルバーのロゴを向かい合わせに並べてできている。

まず、クイックシルバーのロゴを二つ並べて、右側を裏がえす。

ロキシーのロゴ

つぎに、それぞれを内側方向へ45度傾けて

ロキシーのロゴ

最後に、くっつける

ロキシーのロゴ
ロキシーのロゴ
ロキシーのロゴ

どお、知ってた?

■初出:2011年11月

無料アドレス登録