ハワイでサーフィン

ハワイでサーフィンはいいけれど。。。。

ハワイでサーフィンしたい人

『ハワイでサーフィンがしたい!してみたい!』 一度でも頭の片隅に浮かんだことがある人にはこのページが参考になると思うよ。

雑誌やガイドブック、そしてテレビなどの映像でハワイのサーフィン・シーンをよく見ると思う。日ごろ日本で波に乗ってるサーファーはバレルやパイプを夢見て、まだサーフィンをしたことがない人も波をすべるようにロングボードに乗ってみたい。

だからと言って、日本からボードかついでハワイへ行って、そのままノースやサウスの海へ直行すればそれでいい?現地のフリーペーパーで見っけたお手ごろな体験サーフィンに行けばそれでいいのかなぁ?

それだと、きっと、がっかりサーフィンになってしまうかもしれない。

がっかりサーフィンにご注意!

だって、日本の波を知り尽くした上級者サーファーでもハワイの波には素人のあなた。雑誌やガイドブックでサーフスポットをチェックしていると思うけど、初めての土地、初めての海、地形、そして季節やその日の天候、海コンディションによって波は気まぐれ、いろいろだ。凪みたいにべったりな海で待てども待てども”テイクオフ”ができなかったり、予想以上のビッグなウェーブにビビってエントリーできなかったり。せっかくハワイまで来たのに丘サーファーはないよね。本当にご機嫌な波乗りができるか?ちょっと心配だ。

ハワイでサーフィンデビューを考えている初心者やビギナーだって同じこと。ビーチサイドで板に乗ってる時間の方が長くて、実際に海に入って波に乗るのはちょこっと。しかもボードを押してもらってサーフィンした気になる仮想体験でおわっちゃっていいのかな?本当のファン・サーフィンを知る前に、『気持ちよかったぁ。。。、けど、これでおしまい?あれぇ?サーフィンってこんなもの?』なんて事で終わってしまったらイタイよね。

せっかくハワイへハワイのサーフィンしに来たんだから、しっかりハワイの波乗りして帰ろうよ!

そのためには、どうすればいいの?

答えはこちら、サーフィンガイド

ハワイでサーフィン
ハワイでサーフィン
やっぱり、ハワイでサーフィン
やっぱり、ハワイでサーフィン
とことん、ハワイでサーフィン
とことん、ハワイでサーフィン
波デカすぎでビビリ?
波デカすぎでビビリ?
見ているだけならいいけど・・・
眺めているだけでイイならいいけど・・

■初出:2007年5月

無料アドレス登録