ハワイでアロハデータを使ってみた
 (ALOHA DATA レンタル・モバイル・Wi-Fiルーター)

今すぐ使いたくなるアロハデータをレポート

ハワイでどこでも、すぐ使えるモバイルルーター、ポケットWi-Fi

アロハデータを使ってスマホでカーナビする?
アロハデータを使ってスマホでカーナビする?

アロハデータはハワイで使える定額料金のレンタル・モバイルルーターだ。パソコンもちろん、日本で使ってるiPhoneやアンドロイドスマホ、そしてiPadなどで、ハワイでもデータ通信、インターネットにアクセスして、メールのチェック、ブログの更新、ツイッターやFacebookをお得な定額料金で利用できる。

アロハデータなら、オアフ島はもちろん、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島の他、ラナイ島、モロカイ島そして、アメリカ全土をほぼカバーする広い通信エリアで使える。だから、ワイキキ周辺などのアクセスポイントがある場所のピンポイントでしか使えないWi-Fiスポットと違って、今つぶやきたいことや、今撮った写真をどこでも、その場からネットに投稿できる、正真正銘の”なう”を実現できる!ただし、携帯も通じないような”秘境”みたいなところからは無理で〜す! m(_ _)m

それでは、実際に渡ハしてハワイでアロハ・データを使ったときのようすをレポートです!

スーパーアロハデーター
スーパーアロハデーター

アロハデータは出発3日前ぐらいに届く

アロハデータを+Hawaiiから専用フォームで申込むと、日本出発の3日前ぐらいに自宅やオフィスなどの指定場所にとどく。だから遅くとも、日本出発の5日前(土・日のぞく)までには申込みを完了したい。万が一ギリになってしまった人でどーしても今回の渡ハでレンタルしたい人は、フォームから申込み後グローバルモバイルへ電話して、「プラスハワイから申し込んだんですが、なんとかなりませんか?」と喰いつこう!手数料がかかるかもしれないけど現地滞在のホテルへお届けなどの裏技だしてくれるかもよ!+Hawaii見ててよかったね!

で、肝心のブツだけど、アロハデータにはバッテリーのもちで連続通信時間5時間の『BIG』、10時間の『basic』、15時間の『スーパー』の3機種があって(2015年7月現在)、今回レンタルしたのは『basic』。

コンパクトなケースと返送用封筒
コンパクトなケースと返送用封筒
ルーターセット一式
ケース内にルーターセット一式
スマホと比べてもかなり小さい
スマホと比べてもかなり小さい
そしてこの薄さ
そしてこの薄さ

ルーター本体とAC充電アダプタ・コード、USB to microUSB(パソコンからも充電できる)、説明書などがコンパクトなケースに入ってて、これならハワイに持っていくのも便利。ルーターが思いのほか薄く、小さく、そして軽いのに驚き。実際にハワイで使っているときも、ポケットに入れておいてその存在を忘れてしまうぐらいだ。

その他には返送用の封筒(レターパック)が同梱包されている。返送先住所が記入済みで送料不要なので、帰国後にこれに入れてポストに投函するだけなので超簡単だ!

ハワイに着いたらすぐに設定

ハワイに到着したら早速設定してみよう。まずはルーター本体。

ルーターをケースから出し
ルーターをケースから出し
電源スイッチを長押し
電源スイッチを長押し
旗が立つのを確認
旗が立つのを確認

これだけ。

次にスマホ側の設定(アンドロイドスマートフォンの場合)

ルーター本体
”設定”から”無線とネットワーク”
をタップ
ルーター本体
”Wi-Fi設定”をタップ
 
ルーター本体
”Wi-Fi”をタップして ONにする
と。。。
ルーター本体
ネットワークのリストから
該当するものをタップ
ルーター本体
ルーター裏のKeyを「パスワード」
に入力し”接続”をタップ
ルーター本体
”接続しました”を確認
 

以上で完了。通常は一度設定してしまえば、スマホやルーター本体の電源を切っても滞在中に再設定する必要はない。iPhoneやパソコンの無線LANへの接続方法は各自確認しておいてください。

実際に使ってみた

で、早速使ってみた。

ルーター本体
+Hawaiiのトップページにアクセス
ルーター本体
PCとスマホ各2台に同時接続
ルーター本体
青ランプ点灯でG4接続を確認

屋内でも屋外でも青ランプが点灯し4G接続でサクサク。You Tubeなどの動画もストレスはない。ルーター1台で5台までの端末と接続が可能で、ルーターと端末の通信可能範囲は状況にもよるけど約45メートル。だからルーター1台もちあるけば同行する5人が各自がインターネットにアクセスできる。

ちょっと応用編としてカーナビとしても使ってみた。

ルーター本体
”無線ネットワークを使用”と
”GPS機能を使用”をチェック
ルーター本体
アプリを起動して現在地確認と
目的地を設定
ルーター本体
アロハデータとスマホを使えば
簡易カーナビになる

これが意外と使える!

唯一の弱点はバッテリーでの通信時間

いいことずくめのアロハデータもバッテリーが切れれば使えなくなる。通信時間はこまめに電源落としても1日の使用はきつい。では、どうするか?

このアロハデータの隠れた長所はmicro USB端子で充電できること。つまり手持ちのスマホ用バッテリー・チャージャーがmicro USB端子対応なら、それでルーターにチャージできちゃう。そして、滞在中にレンタカーを使う人ならシガー・ソケットのカーチャージャーを持っていけばドライブ中に常に充電できるので、カーナビとして常時使用していても安心だ!渡ハ中に思う存分使いたいなら用意しておくといいかも。

尚、アロハデータでは、予備バッテリーを100円で、USBカーチャージャーは無料でレンタルできる。

ルーター本体
バッテリー充電用の
micro USB端子
ルーター本体
micro USB端子のスマホ用
バッテリー・チャージャー

イベント開催時期には早めの予約が必要

こんな使い勝手がいいモバイルルーターだから、日本からの観光客が集中する年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み時期、そして9月のシルバーウィークは早めに予約することをおすすめする。

また、特にホノルルマラソンなど日本人特有のイベント時期は、想像以上に需要が増えて出遅れると在庫切れなんてことになる。だから早すぎるくらいの早めの予約は必須だ!そして、見落としやすいのが学会や政治・経済的イベント。例えば2011年の11月にAPECがオアフ島で開催されて、このときは関係者やメディアがこぞって現地へ渡り、現地ハワイからのネット通信でWi-Fiは必須アイテムとなった。

せっかく楽しみにしていた渡ハなんだから、インターネットへのアクセス環境は万全に準備しておきたいね!

こんなところで使えました

ルーター本体
アロハデータの4G通信エリア(詳細

アロハデータは、ハワイを含めアメリカのほぼ全域で使える。

こちらのマップからカバーエリアの詳細を確認できる。「4G」というタブをクリックした後、マップ下段のハワイエリアをクリックして、拡大してみてください。

それで、渡ハ中に実際に訪問して、ストレスなくアロハデータで通信できた場所を掲載しておきます。参考にしてください!

オアフ島

南部:ホノルル空港、ワイキキ、アラモアナ周辺、ワードセンター、マノア、カイムキ、ダイヤモンドヘッド、カハラ、ハワイカイ、アロハスタジアム、アイエア、パールリッジ

北部:ワヒアワ、ハレイワ、ワイアルア、モクレイア、ノースショア全般、ワイメア・ベイ、ポリネシア・カルチャー・センター、クアロア・ランチ

東部:カネオヘ、ウィンドワード、カイルア、シーライフ・パーク、ハナウマ・ベイ、ココ・マリーナ

西部:ワイケレセンター、カポレイ、コオリナ・リゾート、ディズニー・アウラニ、ワイアナエ、マカハ・ビーチ、ヨコハマ・ベイ

マウイ島

カフルイ空港、カフルイ、ワイルク、パイア、カアナパリ、ラハイナ、カパルア、キヘイ、ワイレア

ハワイ島

カイルア・コナ空港、ヒロ空港、カイルア・コナ、ワイコロア、ワイメア、ヒロ

カウアイ島

+Hawaiiでは、まだ使ったことがありません。
レンタルされた人からのご報告:リフエ空港、リフエ、ポイプ、プリンスヴィル

ラナイ島

+Hawaiiでは、まだ使ったことがありません。
レンタルされた人からのご報告:

モロカイ島

+Hawaiiでは、まだ使ったことがありません。
レンタルされた人からのご報告:

インフォメーション

サービス会社:
株式会社グローバルモバイル
申込み:
レンタル申し込みフォーム

■初出:2011年10月 更新:2015年7月

無料アドレス登録